自社製造のメモ帳専門メーカーメモ工房。年間500万冊以上の実績。販促ノベルティに最適なブロックメモ、型抜きメモ、くるみメモ、付箋(ふせん)などメモのことならメモ工房へ!

データ作成

  • HOME »
  • データ作成

販促品文具/ノベルティ文具:オリジナル・メモ帳【データ作成】

Adobe Ilustrator でのデータ作成注意点

  1. Ilustrator対応バージョンはIlustrator CS6までとなります。CC以降のデータはCS6に保存し直してから校正を行い、絵柄が崩れていないかなど確認してからの入稿してください。
  2. カラーモードをRGBからCMYKに変換してください。モニター上で見た色と印刷した際の色の再現が大きく異なります。
  3. Ilustratorでは必ず「トリムマーク」を使ってトンボ(仕上がりサイズに断裁するために必要な目印)を作成してください。
  4. 断裁ラインの天地左右に各3mmの塗り足し分を必ず作成して下さい。(色が断裁ラインギリギリですと、断裁時に白いフチができてしまう場合があり、そのため断裁ラインの外側にまで塗り足します。)
  5. ヘアライン(線幅のない塗りのみの指定ライン※1)は印刷の時に消えてしまいます。ご注意ください。
    ※1 塗りで作った線はモニター上で見えていても、印刷時にかすれたり消えたりするため、印刷ができません。
  6. フォントがない場合、意図しないフォントに置き換わったり文字が化けてしまうため、テキストは必ずアウトライン化してください。
  7. テキストを打ったときにできる余分なアンカーポイント(孤立点)は削除してください。
  8. Ilustratorで画像をリンクしている場合は、リンク画像も一緒にデザインデータのフォルダに格納して入稿してください。
  9. データの保存はネイティブ(.ai)形式にしてください。
  10. 仕上げ断裁時に、2mm程度のズレが生じる場合があるため、文字などの切れては困る情報は、仕上げ位置より5mm程度内側 へ収まるようにレイアウトしてください。
  11. 4色の総ベタは使用しないでください。トータルで330%までで指定してください。
  12. オーバープリントにご注意ください。
  13. 配置画像は、必ずリンクで配置してください。
  14. レイヤーのロックはすべて解除してください。
  15. 罫線は塗りを透明に、線には色を設定してください。
  16. 画像データは、解像度を原寸で300~350dpiに設定して、保存形式はpsd形式で保存して下さい。
  17. 出力見本として、PDFデータを一緒にお送りください。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ふせん工房

メモ工房営業日カレンダー

CONTENT

ご予算、価格帯で商品を選ぶ最少ロット一覧はこちら対象ターゲットで商品を選ぶお客様の声カタログダウンロードはこちらエコアクション21拘りのメモ帳造り名入れ名人
大日三協株式会社は紙の総合商社としての経験を生かしメモ専門メーカー【メモ工房】を立ち上げました。 特許製法のカットメモ、4側面フルカラー印刷のアートブロックメモ、他にもブロックメモ、デスクメモ、カット(ダイカット)メモ、くるみメモ、ダブルリングノート、レポート用紙、卓上カレンダー、付箋(フセン)紙、ポップアップメモ等々、ノベルティグッズ、ステーショナリー商品を数多く製造販売しております。お気軽にお問い合わせください。
PAGETOP
Copyright © メモ工房 All Rights Reserved.